The Design Company.

You can change this area in header.php

Special Sidebar

You can add any content in this area by go to
Admin->Design->Widgets->Sidebar4

日本の伝統を感じる日本刀の良さ

本物の日本刀を目にする機会はかなり少ないと思いますが、日本刀は格好良くて日本刀が好きだという人もかなり多いと思います。
私は時代劇などで日本刀を見ますが、日本刀は日本の武士に似合うものだなと思います。
日本刀は私たちが普段よく見るナイフや包丁などの刃物と違ってかなり大きく、昔の人もあんな大きな日本刀を使いこなせるように練習をするのはかなり大変だったと思います。
また、日本刀を作る職人というのも素敵な仕事だと思います。
今は日本刀を持ち歩く必要がない平和な時代ですが、以前は何かあった時のためにも日本刀を持ち歩く人も多かったと思います。
そういった意味で日本刀を作るという仕事は、日本の伝統のもの作りをすることでもあると思います。
外国人が武士は日本らしいものと思うように、歴史の中でその武士によって使われていた日本刀も実際には使われなくてもかつての日本の財産として残り続けて欲しいなと思います。
そして、私もいつか本物の日本刀を見てみたいです。

日本人なら日本刀でしょ。

日本刀の通信販売なら「和敬堂」。
日本人にとって侍は世界に誇れるヒーローだと思います。多くの外国の方がSAMURAIとして認知してくれています。
その侍に欠かせないものと言えばチョンマゲではなく刀です。刀も外国人には日本刀として知られています。たまに外国人の観光客がテレビの取材を受けチョンマゲのカツラをかぶせられ模造刀で侍の真似をしているのを見ると日本人として嬉しく思います。
最近は時代劇で侍が日本刀を振りかざして戦っている映画が大ヒットしており日本刀ブームが来るのではと予感しています。私自身が興味があるのでインターネットなどで日本刀をクリックして日本刀のカタログを夜毎見て、ただただ金額の高さに驚いております。それだけ日本刀が緻密な作業で精巧に作られているという証なのでしょう。
私は本物の日本刀を手にしてみたく今度日本刀見学会なるツアーに参加することになりました。まったく興味のない家族を子供に日本文化を学ばせるためだと口実を作りついてきてもらいます。その前にしっかり予習もしていこうと思います。

日本刀。その異常な切れ味の原理

刃というものは切断するためにあるわけですが、古今東西を見てみても日本刀ほど「斬る」ことを主目的とされた武器はそう多くありません。
色んな武器に「刃」はついています。そのため切断はしっかり考えられているわけですが、それは殺傷力、破壊力の引き上げを狙ったものであり、戦場で料理肉を切るような原理を持ち出してくるような武器は、非常に少ないです。
基本的には刺突か、打撃による切断か。大概の刃が付いている武器はそうした利用方法が想定されています。

一方日本刀は、「引き斬る」原理を根底としています。包丁でお肉を切る時は前後に動かしますよね?あれの異常に鋭いのが日本刀です。
そのため、基本的に日本刀は両手持ちにしなければその本領を発揮できません。片手で、切断対象に刃を押し当てるベクトルを働かせる。もう片方の手でスライドするベクトルを働かせる。こうすることによってはじめて、日本刀の真の切れ味というのは発揮されるのです。

なぜこれほどまでに切れ味の追求を行ったのかはよくわかりませんが、いずれにせよこの異常な日本刀の切れ味によって、日本の武士が大好きな「首を取る」「腹を切る」は支えられたと言えます。首はまだ斧で見苦しく何度も打ち立てればたたっ切れますが、腹を「突く」まではできても、綺麗に切れるのは日本刀ならではでしょう。

Sidebar3 : Please add some widgets here.